ライフアミューズ リフォーム 大阪府枚方市 


  • HOME
  • 内装リフォームのポイント

内装リフォームのポイント

内装リフォームのポイント
 内装リフォームには、壁紙・クロスの張替えや床材・フローリングの張替え、天井の張替えなど様々なものが
 あります。中でも比較的気軽にできて部屋のイメージを大きく変えるのが壁紙と床材の張替えです。
 内装リフォームをする際には壁なら壁、床なら床で部分的にリフォームするよりも全体をまとめて張替えた方
 が結果的にコストが安くなります。例えば床をリフォームする場合でも一旦壁を剥がさなければいけなかった
 りするので、それなら同時に両方やってしまった方が良いということです。
 また、インテリア的にも統一感も生まれます。後、内装リフォームで気を付けたいのがシックハウス対策です。
 内装リフォームに使う内装材や接着剤は、ホルムアルデヒトを含んでいないものか低ホルムアルデヒト仕様
 のものを選びましょう。化学物質に敏感に反応する人なら、漆喰・珪藻土などの自然素材を使用することを
 おすすめします。

床材の種類と特徴
  床は、毎日歩いたり座ったりと直接肌が触れる事も多いので、選ぶ素材によって居心地も大きく変わってきます。
  また、小さいお子さんや高齢者がいる家庭では、安全性の配慮も忘れてはなりません。
  さらに、ペットを飼っている場合、その習性によっては温かさといった快適性よりも、傷や臭いのつきにくさ、汚れ
  の落ちやすさや補修・取替のしやすさなどの機能性を重視することになります。
  床の素材選びは、リフォームをする場所や家族構成、部屋の用途、インテリアや素材感の好みによって変わって
    きますので十分考えた上で選ぶようにして下さい。

フローリング 一般的な住宅の主流は木質フローリングです。
無垢(単層)フローリングと複合(複層)フローリングに分けられます。無垢(単層)フローリングは
天然木をそのまま使用したもの。複合(複層)フローリングは基材である合板に薄い天然木の単
板を張ったものです。木質フローリングの魅力は、自然素材の温かい質感です。
樹種、色など種類が豊富で好みに合わせて選ぶことができます。
コルク コルク樫の樹皮を原料とした圧縮成形した木質系の床材です。耐久性に優れ、吸音性、断熱性
も高いのが特徴です。また適度な弾力性があるので、足腰への負担も少なく、万一転倒しても
衝撃が緩和されるという特徴もあります。
畳表、畳床、畳縁で構成される日本独特の床材です。一般的な縁あり畳のほか、縁なし畳、床
の間畳などもあります。高い断熱性と保湿性があり、高温多湿の日本の風土に適しています。
また弾力性があるので、踏みごこち、座りごこちも快適です。
クッションフロア 塩化ビニールを用いた長尺の床材で、CF(シート)と呼ぶこともあります。耐久性・耐水性に優れ
適度な弾力性もあるので、キッチンや洗面室・トイレなど水まわりに採用されることが多いです。
比較的手ごろな価格で色や柄などのバリエーションも豊富です。
カーペット 保温性や吸音性も優れた素材です。足触りも柔らかく温かみがあります。
種類は織り込んだパイルをカットしたもの、ループ状のものなどがあります。素材はウールと合成
繊維が主流です。ウールカーペットは、天然素材ならではの風合いを持ち保温性や防火性もあり
静電気が起きにくい素材です。レーヨン・ナイロン・アクリルなどの合成繊維は、防カビや防虫性に
優れ丈夫ですが、毛玉ができたり静電気が起きるものもあります。
タイル 外まわりや玄関に用いられることが多いタイルは、耐久性、耐水性も高い床材です。
居室では、インナーテラスとしてリビングの一角をタイル張りにしたり、キッチンやダイニングに用
いたり、ペットの居場所の床材として用いられることもあります。色やデザインなども豊富で床暖
房に対応しているものもあります。
 

内壁材の種類と特徴
  住宅内部の壁は、空間の印象に大きく影響する重要な要素です。商品のバリエーションも豊富で何を選んでい
  いのか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
  住宅で主に使用される内壁材はクロス(壁紙)、塗壁、木、タイルなどが挙げられます。最近増えてきているのが
  漆喰や珪藻土など自然素材を使った塗壁。シックハウスなどの影響がない健康的な毎日を過ごしたいと小さなお
  子さんやペットのいる家庭に人気です。
  天井や床などとの調和を考えて最もふさわしい壁材を選びましょう。また、お部屋を快適に保つために遮音・吸音
  性・耐水性・断熱性などの機能を持った壁材もありますので、お部屋の用途に合ったものを選んで下さい。
 
  ■壁紙・クロス
   壁紙・クロスは、住宅の居住空間で最も多く使われている壁材です。ビニールクロスや紙クロス、織物などに
   分けられます。施工が容易でデザイン、柄とも多彩なバリエーションがあります。
   ・ビニールクロス
   
壁紙の中で最も普及してます。ビニールクロスは主に塩化ビニール樹脂などの素材とするビニールシートに
    紙などを裏打ちしたもの。表面加工の方法によっても分類する事ができ、表面に起状のあるエンボス加工や
    プリント加工されたものなど多くの種類があります。
    比較的安価で、耐久性や清掃性も高く色やデザインの豊富さが魅力です。
   ・紙クロス
   
紙クロスは海外で多く用いられるもので、パルプが原料の洋紙を原紙にプリント加工やエンボス加工したも
    の。こうぞうやみつまたを原料にした和紙、ケナフなど非木材紙を原料にしたものなどもあります。
    音を吸収し空気を通す特徴があり、また環境や健康への配慮がなされている素材として注目されています。
   ・織物(布)クロス
   
織物クロスには平織や綾織、不織布などがあり、高級感があるのが魅力ですが、価格は比較的高めです。
    ホコリを吸着しやすいので、基本的なお手入れは、ハタキをかけるか掃除機で。
  ■タイル
   耐久性や耐水性が高く、水まわりによく使われる壁装材です。最近では居室の床や壁材などでも取り入れら
   れることが多くなっています。特に消臭や調湿機能のある素材は、リビングやダイニング、寝室などで用いられ
   ています。デザインのバリエーションも増え、壁面を個性的に仕上げることも可能です。
    ■塗り壁  
   塗り壁とは、伝統的な左官塗壁工法のことです。調湿性・断熱性・防火性・防音性に優れ、日本の気候・風土
   にも適しています。
   ・土壁
   
数奇屋建築や茶室で見られる土の壁です。京都に、たくさんの色土が産出するので「京壁」とも言われ上塗り
    の土によって「聚楽壁」、「錆砂壁」などの種類があります。
   ・珪藻土
   
自然素材として人気の素材です。海や湖などに生息する植物プランクトンが堆積して出来た土層から採取さ
    れたものです。多孔質(スポンジのように多くの小さな穴を持つ)であることから、吸湿性、吸放質性、保温性、
       断熱性に優れ、結露防止にもなると言われ、内装だけではなく外装にも利用されています。
      ・プラスター
   
石灰を原料にした壁材です。石膏プラスターやドロマイトプラスター塗り(鉱物質の粉末と水を混ぜたもの)など
    があります。プラスターは乾燥による収縮が少ないため、亀裂が入りづらく白い平滑な美しい仕上げになります。
      ・漆喰
     
漆喰壁は、消石灰に砂と糊などを混ぜて土壁の上に塗るもので、日本独特の塗壁仕上げのこと。古くから城や
     土蔵などに用いられてきました。耐久性はもちろん調湿性・断熱性・防火性などに優れています。
     ■塗装
       下地材に塗料を薄く塗り広げ表面を保護し美しく仕上げるものです。性能や色・艶等、目的に応じて使い分け
    ます。住宅では、合成樹脂エマルション系(EP)/塩化ビニル系(VP)/油性ペイント(OP)等がよく使われます。
   ■木質
       自然の温かみを感じられる木は、インテリア仕上げ材として高い人気を保っています。しかし、天然木のままで
    は狂いが生じやすいため、ほとんどが合板を使用されています。
    合板も数種類に分類ができ、天然木化粧合板、合成樹脂合板、プリント合板などがあります。
 

天井材の種類と特徴
  内装選びの際に、床材や壁仕上げ材にはこだわっても、天井材についてはあまりこだわらない方も多いのでは
  ないでしょうか。選ぶ素材によってインテリアのイメージが変わることもあります。
 
  ■「乾式工法」と「湿式工法」
   天井仕上げ材の種類はさまざまです。工法では「乾式工法」と「湿式工法」があります。
   「乾式工法」は、クロス(ビニール・紙クロス)、木質系(ムク材・合板・繊維版)、無機質系(ロックウール板・石
   膏ボード)などがあります。施工がしやすく一般的に張替えもしやすいのが特徴で、商品のバリエーションも豊
   富です。
   「湿式工法」は、漆喰やモルタル、珪藻土など塗装や左官仕上げを用いたものです。天井の形状に合わせて
   継ぎ目のない仕上げとすることができます。
  ■天井材のコーディネートのポイント
   天井は普段、手で触れる場所ではないので、質感よりも色あいや太陽光、照明の明りの反射などの効果を
   意識してみるといいでしょう。
   空間デザインにもよりますが、広がりを持たせ天井を高く見せるためには、白や明るいベージュ系を選ぶことを
   おすすめします。強い色やあざやかな色は、広い面積に使うことは避け、小さな面積やラインなどのアクセント
   カラーとしてつかうといいでしょう。木質系であれば、床よりも少し明るめの色を選ぶのがポイントです。
   寝室などでは、天井を見上げることが多く、リラックスするためにリビングなどよりも少し落ち着いた色を選んで
   みてはいかがでしょうか。
   天井材を選ぶ際、ショールームでサンプルを確認する時は、垂直にした壁材のサンプルと直角になるように下
   に向けて色味の雰囲気を確かめて下さい。壁材と天井材に同じ素材を選んだとしても、色味の雰囲気が違うは
   ずです。

複合・内装リフォーム事例はこちら

インプラス 内窓 二重窓

失敗しない業者の選び方
 
戸建てリフォームできること・できないこと
 
マンションリフォームできること・できないこと
 
防犯対策について

ライフアミューズの会社案内 ライフアミューズの施工事例 ライフアミューズのお客様の声

トップページに戻る



玄関リフォーム

アメージュZ
内窓リフォーム スピーネ

ライフアミューズ  大阪の施工対応エリア

商圏 対応エリア
※枚方市を中心にエリアを絞って、地域密着でご対応させていただいております。
記載地域以外のお客もご相談に応じてご対応させていただきますので一度お問い
合わせ下さいませ。

■大阪府
  枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、大東市、四条畷市、
  高槻市、茨木市、摂津市、吹田市、豊中市、東大阪市、八尾市
■京都府
  八幡市、長岡京市、大山崎町、久御山町、京田辺市、城陽市、
  精華町、宇治市、  

大阪府枚方のリフォームならライフアミューズお任せください
ライフアミューズ リフォームのお問い合わせ ライフアミューズ リフォームの見積り ライフアミューズ リフォームの資料請求