ライフアミューズ リフォーム 大阪府枚方市 


  • HOME
  • 戸建てリフォームできること・できないこと

■戸建てリフォームできること・できないこと
  一戸建ては、リフォームの自由度が高いとはいえ、建物の構造によっては、希望通りのリフォームができない
  場合があります。構造を無視した増改築や間取り変更は耐震・耐久性を落とすことにつながり、住む人の安全
  性にも関わってきますので、慎重に対処しなければなりません。
  一戸建ての場合、建築基準法や条例、建築の構造などが、戸建てリフォームの自由度を左右するポイントに
  なってきます。
 
  増改築する場合
    戸建て住宅で大規模な増改築を行う場合、法律的な制限に引っ掛かって思うようなリフォームができない場合
    があります。特に、床面積が増える増築工事は、建ぺい率や容積率、高さ制限など法令を守って工事する必要
    があります。
 
   ≪法律的な制限≫
     建造物を建てる際、適用されるのが建築基準法です。
     建築基準法では、建築物の敷地、構造、設備、用途に関する最低限の基準を定めています。この法律は
     いわゆる状態規定といい、建築主は所有する建物を常にこの法律に適法しておく必要があります。当然
     リフォームを行う際も例外ではありません。
 
    建ぺい率・容積率の制限
     
「建ぺい率」とは、敷地面積に対する建築面積の割合のことをいいます。
      「容積率」とは、敷地面積に対する延床面積の割合のことをいいます。
      この「建ぺい率」と「容積率」には上限が定められていますので、増改築を行う場合、お住まいの地域は
      どれくらいかを確認して計画する必要があります。
 
    ●高さ制限
     
高さ制限とは、その土地に建てられる建物の高さの上限を制限するもので、用途地域や高度地区の
      種別、都市計画などによって、それぞれの上限値が決められています。たとえば、第一種低層住居
      専用地域や第二種低層住居専用地域内の場合、高さの上限は都市計画で定められた10mまたは
      12mとなっています(場所によって異なる)。    
 
    ●敷地による制限
     
建築基準法では、道路の幅員は4m以上と定められていますが、この法律が施行(昭和25年)される
      以前からの住宅地では、幅員が4mに満たない場合があります。このような道路に面した敷地での建
      て替えなどの場合、4mの道路幅員を確保するために、道路中心線から2mの範囲には建築する事が
      できません。   
 
    ●用途地域による制限
     
都市計画法により、市街化区域を用途別に区分したもので、第一種・第二種低層住居専用地域、第一
      種・第二種中高層専用地域などがあり、それぞれ建てられる建物の種類や規模(建ぺい率や容積率な
      ど)が定められています。
 
    ●北側斜線制限
     
敷地の北側隣地に対する日影被害を少なくする規定。建物から北側隣地境界線までの真北方向への
       水平距離に対して、一定の高さ制限が設けられます。
 
    ●道路斜線制限
     
敷地の前面道路の幅員によっても建物の高さが規制されます。道路の幅員に1.25か1.5をかけた数字で
      得られる斜線の範囲に建物が納まらなければならないので、増築の際には注意が必要です。
 
    ●建築確認申請
     
確認申請とは、役所が建築基準法に適合しているかを確認する手続きのことをいいます。
      防火地域・準防火地域内の建物を増築する場合や増築面積が10㎡を超える場合などは、建築確認申請
      が必要となります。

   ≪間取り変更は工法によって自由度が違う≫
     「戸建て住宅リフォーム」の場合、建物構造によって間取り変更や増築のできる範囲が異なります。
     主な建物構造をご紹介致します。

    木造軸組工法(在来工法)
木造軸組工法 【工法の特徴】
在来工法とも呼ばれる日本古来の伝統的な木組を活かした木造軸組工法。
コンクリート基礎に土台をのせ、その上に柱を垂直に立てて、梁や桁など
水平に架ける部材を組んで骨組みを作ります。現在は筋かいと呼ばれる
斜め材を必要な箇所に加えるほか、補強金物で緊結して地震や風の力にも
十分耐えられるようにつくられています。
【リフォーム自由度】
自由度はかなり高い工法です。建物を支える柱は移動させることはできませ
んが、間仕切り壁は、かなり自由に移動できるため、間取り変更は容易です。
    ●プレハブ工法
プレハブ工法 【工法の特徴】
あらかじめ部材(床・壁・天井など)を工場で生産し、現場で組み立てる工法。
構造材の材質によって「鉄骨系」・「木質系」・「コンクリート系」に分類されま
す。
【リフォームの自由度】
「鉄骨系」の場合は柱や梁で建物を支えるため、木造軸組工法と同様、間取
り変更の自由度は高くなります。「木質系」・「コンクリート系」は壁で建物を支
えるため、間取り変更に制限があります。
    ●2×4(ツーバイフォー)工法
2×4工法 【工法の特徴】
北米生まれの工法で、木口が2インチ×4インチの規格サイズの木材を使う
ことから「2×4(ツーバイフォー)工法」と呼ばれています。
木材と合板で作られたパネルえお面材として、天井・壁・床に用いて構造体
を支えています。
【リフォームの自由度】
面で支える構造の為、窓を大きくしたり窓やドアを増やしたりすることは困難で
す。また、建物を支える間仕切りは抜くことができないので間取り変更にも制限
があります。

  ▼吹き抜け・トップライト
    既存の屋根にトップライトを設けることは、よほど大きな窓にならなければ比較的容易にできます。
    ただし、雨漏りを防ぐための防水処理や屋根の強度を下げないための補強工事などきちんと行うことが大切です。
    上階の床の一部や最上階の天井を取り外して作る吹き抜けは、構造の強度に影響が出ない限り実現可能です。

  ▼屋根裏収納
    屋根裏収納は、天井髙1.4m以下で、広さは2階(3階)の床面積の2分の1以下であればつくることが可能です。

  ▼玄関ドアの交換
    防火・準防火地域内に建つ建物で、延焼の恐れのある部分のドアは防火戸にする必要があります。

  ▼窓の交換・新設
    建物を支えている耐力壁に新たに窓を設けることは難しいですが、開口部をつくっても建物の強度に影響のない
    外壁であれば、窓を増やしたり移動する事は可能です。
    ただし、防火・準防火地域内に建つ建物の場合、延焼の恐れのある部分は網入りガラスにする必要があります。

  ▼水まわりのリフォーム
    戸建て住宅の場合は、給排水管の移動も容易に行えるため、比較的自由な水まわりのリフォームが可能となり
    ます。選ぶ機器で費用に差が生じますので、デザインや機能などをよく検討する事が大切です。

mzumawsjp35.png
内装リフォームのポイント

gina-t00.png
おすすめの水まわり商品
 
失敗しない業者の選び方
 
防犯対策について
 
マンションリフォームできること・できないこと


ライフアミューズの会社案内 ライフアミューズの施工事例 ライフアミューズのお客様の声

トップページに戻る



玄関リフォーム

アメージュZ
内窓リフォーム スピーネ

ライフアミューズ  大阪の施工対応エリア

商圏 対応エリア
※枚方市を中心にエリアを絞って、地域密着でご対応させていただいております。
記載地域以外のお客もご相談に応じてご対応させていただきますので一度お問い
合わせ下さいませ。

■大阪府
  枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、大東市、四条畷市、
  高槻市、茨木市、摂津市、吹田市、豊中市、東大阪市、八尾市
■京都府
  八幡市、長岡京市、大山崎町、久御山町、京田辺市、城陽市、
  精華町、宇治市、  

大阪府枚方のリフォームならライフアミューズお任せください
ライフアミューズ リフォームのお問い合わせ ライフアミューズ リフォームの見積り ライフアミューズ リフォームの資料請求