ライフアミューズ リフォーム 大阪府枚方市 


  • HOME
  • 冬の結露・寒さ対策

冬の結露・寒さ対策
 いつのまにか窓を濡らす、不快な結露。
 その原因を理解していれば、発生しやすい状況や場所もわかってきます。
 
  寒い季節や梅雨になると白く曇ってしまう窓ガラス。あの不快な結露は、どんな高性能な窓ガラスを使っても
  ただそれだけでは解消できる現象ではありません。そこで、毎日の暮らしの中で気をつけていただきたいこと
  や暖房器具の選び方、これからの住まいのあり方など、結露を減らすために大切なポイントをまとめました。

 ●結露とは何か
  不快な結露の正体は、空気中の水蒸気
  
たとえば、冷たい飲み物の入ったグラスやバスルームの鏡など結露は窓ガラスだけでは
  なく、さまざまなものに発生します。結露する場所は違っても、その原理はみんな同じ。
  暖かく湿った空気が冷たいものに触れて、水滴へと変化しているのです。つまり、結露の
  正体は、もともと空気中にあった水蒸気。窓ガラスが結露しやすいのは、家の中でいちば
  ん外の寒さの影響を受けて冷えやすい場所だからです。
fuyukturo14.png

 ●結露のトラブル   
  住まいにとっても、結露は大敵。
  
窓ガラスや壁などの目に見える結露は「表面結露」と呼ばれています。これが不快なのは、お掃除が大変
  というだけではありません。じとじと濡れたまま放っておくと、カーテンや壁がシミになったり、汚いカビになっ
  たり。さらにダニが発生して、喘息やアトピーなどの遠因となることさえあります。
  見えるところが結露していない時でも、見えないところが結露している可能性があります。それは、壁や押
  し入れの内部に発生する「内部結露」。放っておくと、気づかないうちに建物の骨組みなどを腐らせて、家の
  寿命を縮める原因ともなってしまいます。

 ●結露の原因①【気象条件】
 
  真冬と梅雨は結露の季節。
  
もともと空気中には水蒸気として水分が含まれていますが、含むことのできる水蒸気
  の量は、温度が高いほど多く温度が低いほど少なくなります。そして、水蒸気をたくさ
  ん含んだ暖かい空気が冷えると空気中の水蒸気量が飽和状態をこえるため、余分な
  水蒸気は液体へと変化します。これが結露発生の基本的なメカニズム。部屋の暖かい
  空気が冷たい窓ガラスで冷やされ、水蒸気の状態を保てなくなった水分が水滴となっ
  て窓ガラスに付着しているのです。つまり、室内の水蒸気量と温度差。このふたつが
  結露の大きな発生原因といえます。
結露の原因
 <真冬の結露>
 
冷たい外気によって窓ガラ
 スが冷えてしまうのが大き
 な原因。窓ガラスだけでは
 なく、外気の影響を受けや
 すい薄い壁も結露します。
真冬の結露 <梅雨の結露>
圧倒的に湿度が高いこと
が大きな原因。窓ガラスが
それほど冷えていなくても
結露し始めます。
 
梅雨の結露
(湿度50%の場合の外気温度と結露の関係)
(湿度80%の場合の外気温度と結露の関係)
  室内温度20℃で比較した場合、普通の一枚ガラスは
  外気温約4℃で結露し始めますが、ペアガラスは約-8℃、
  Low-Eペアグラスは約-16℃になるまで結露を抑えます。
  室内温度20℃で比較した場合、普通の一枚ガラスは
  外気温約15℃で結露し始めますが、ペアガラスは約11℃、
  Low-Eペアグラスは約8℃になるまで結露を抑えます。
fuyukturo33.png fuyukturo35.png
 ●結露の原因②【ライフスタイル】
  人も植物も水蒸気を出している。
  
梅雨はともかく、真冬は乾燥しやすい季節なのに、結露の元となる湿気はどこからやってくるのでしょう。
   その答えは私たち自身の生活の中にあります。いちばん分かりやすい発生源は、白い湯気がたちこめる
   バスルームやキッチン、それに鍋料理。それだけではありません。水蒸気は、毎日いろんなところで発生
   しています。
 <水蒸気の主な発生源>
 入浴・炊事・洗濯など
 灯油やガスなどの開放型ストーブ※1
 
部屋の中に干した洗濯物
 ●観葉植物や鑑賞魚の水槽
 人やペットの呼吸・発汗※2
  ※1 開放型ストーブとは、石油ストーブやガスストーブのことで、燃焼する際に水蒸気やCO2を室内に放出します。
  ※2 4人家族の場合、8時間の睡眠中に約1000ccの水蒸気が発生します。
水蒸気の主な発生源 特に注意したいのは、昔ながらの灯油やガスの開放型
ストーブです。
その水蒸気の発生量は、6~8畳用の標準的なストーブ
で1時間にコップ約2杯分(400cc)さらに、ストーブの上に
やかんなどを乗せてお湯を沸かしていると部屋の湿度は
あっという間に上昇してしまいます。

 ●結露を減らす方法①【暮らしの工夫】
  湿気をつくらない、ためない。
  
不快な結露を減らす最も効果的な方法は、原因となる湿気の発生そのものを減らすこと。そして、マメに換気を
   して家の中の湿気を追い出すこと。結露対策の基本として、まず毎日の暮らし方から見直してみましょう。
 
  結露を減らす方法 … 人が生活している限り、完全には防げない結露。でも、ちょっとした暮らしの
                   工夫と住まいの断熱化で、結露を減らすことはできます。

 <①湿気の発生を減らすために>
 お風呂の残り湯にはフタをして水蒸気の拡散を防ぎましょう。
 洗濯物を室内に干すと湿度も上昇します。
 観葉植物の水やりの頻度・分量にも工夫が必要です。
 湿気が発生しにくい、FFストーブや、エアコン、床暖房などのご使用をおすすめします。
 
FFストーブとは、燃焼ガスを室内に放出しない暖房器具のことで、水蒸気やCO2は戸外に放出されます。
 <②換気の方法>
 自然換気 … 風の通りをつくって部屋の空気を入替えましょう。
 強制換気 … キッチンやバスルームでは換気扇も欠かせません。
 <③その他>
 湿度の高い梅雨は強制的に除湿する必要があります。
 家具はなるべく壁から離して置くようにしましょう。

 ●結露を減らす方法②【住まいの工夫】
  家全体の断熱性と換気を考える。
  
これからの家づくりでは、結露対策も大切なポイント。そのために欠かせないのが、家の断熱化と計画換気です。
  そもそも結露は、暖かく湿った空気が冷えた時に起きる現象。家全体を断熱して外の寒さが室内に伝わらないよ
  うにすれば、結露も発生しにくくなります。
熱の流出割合 屋根・壁・床を断熱する
壁はもちろん、屋根や床にも断熱材を使って家そのものの保湿性
を高めることで、暖房していない部屋の冷えこみも少なくなります。
窓をしっかり断熱する
家の断熱化で最も重要なのは、熱の出入り口でもあるガラス窓。
いちばん外気の影響を受けやすい窓をしっかり断熱しなければ、
家全体を断熱したことにはなりません。
家に風の通り道をつくる
効果的に換気ができる風の通り道をつくって、湿気を溜めない家
にしましょう。自然換気の他に、機械的に換気する方法もあります。

ライフアミューズがおすすめする結露・寒さ対策
  1.窓の内側に新しい窓を取り付ける。(内窓・二重窓)
   2.窓ガラスを断熱ガラスに交換する。(エコガラス)

インプラス ペアプラス ペアプラスエア

インプラス 二重窓 内窓 エコガラス ペアプラス エコガラス ペアプラスエア

インプラス 内窓 二重窓
 
kaigrp20.png

kaigrp02.png kaigrp03.png kaigrp04.png

トップページに戻る




玄関リフォーム

アメージュZ
内窓リフォーム スピーネ

ライフアミューズ  大阪の施工対応エリア

商圏 対応エリア
※枚方市を中心にエリアを絞って、地域密着でご対応させていただいております。
記載地域以外のお客もご相談に応じてご対応させていただきますので一度お問い
合わせ下さいませ。

■大阪府
  枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、大東市、四条畷市、
  高槻市、茨木市、摂津市、吹田市、豊中市、東大阪市、八尾市
■京都府
  八幡市、長岡京市、大山崎町、久御山町、京田辺市、城陽市、
  精華町、宇治市、  

大阪府枚方のリフォームならライフアミューズお任せください
ライフアミューズ リフォームのお問い合わせ ライフアミューズ リフォームの見積り ライフアミューズ リフォームの資料請求